先端技術センター(ATC: Advanced Technology Center)では、公的研究機関および大学を対象にして共同開発研究および施設利用の二つのカテゴリで募集を行っています。

  • ATC共同開発研究:先端技術センターの職員と協力して行う研究開発
  • ATC施設利用:先端技術センターの設備あるいは実験室の利用

詳細については募集要項をご覧ください。
緊急の要望については別途対応いたします。その他不明点等については、遠慮なく下記受付にお問い合わせください。

<国立天文台 先端技術センター 共同開発研究・施設利用受付>
E-mail : atc-openuse (= at =) ml.nao.ac.jp (=at=)を@に変更してください。

お知らせ

1. 建物内への出入りと施設の利用 について

先端技術センター(ATC)は、2024年2月より入構登録が必要です。事前に登録を行い、承認されていないと建物には入れませんのでご注意ください。詳細は下記問い合わせにお願いします。

E-mail : atc-visit (= at =) nao.ac.jp (=at=)を@に変更してください。

2.循環冷却水について

開発棟1号館・2号館の循環冷却水システムは、2024年度に改装工事が入ります。スケジュールが分かり次第ご連絡いたしますが、およそ数か月使用不可能となる見込みです。冷却水が必要な装置を動かす場合は、電源や揚力も含め、チラー設備等の持込検討をお願いします。

3. 4月以降の薬品の取り扱いについて

ATCでは、薬品管理や運用を厳格に行うため、外部ユーザーへの薬品の提供を中止しました。ATCで薬品を使用する場合は、すべての薬品について持ち込み申請が必要です。薬品の管理等は、法令や天文台三鷹キャンパス薬品取扱要項に準拠した対応が必要となります。また、廃液については持込された方・グループ・組織において、費用負担を含めた対応が必要です。薬品に関する詳細については受入後に説明いたします。

4. SISクリーンルームの利用について

アルマ2対応のため、SISクリーンルームの受け入れは非常に難しい状況です。ご利用希望の方は、関係者にコンタクトを取り詳細を打合せの上、申し込みください。

5. 液体ヘリウムの供給について

液体ヘリウムの価格急騰と入手困難性から、ATCでは液体ヘリウムを購入しないことに決定しました。今後、液体ヘリウムの供給はできませんのでご注意ください。

6. 台内ネットワークへの有線接続について

国立天文台外の方が構内ネットワークに有線接続される場合は、国立天文台の情報セキュリティールールに従って頂く必要がありますので、必ず事前にご相談ください。

7. その他

現在、コロナに限らず様々な感染症の発症が見受けられます。皆様に置かれましては、お互いのためにも今後も感染リスクを可能な限り低減するような対策を取りつつご利用ください。ご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。

新着情報

共同利用
2024年度前期 共同開発研究・施設利用の募集開始

先端技術センター(ATC: Advanced Technology Center)では、2024年度前期 共同開発研究および施設利用の募集を開始しました。 締切は3月4日(月)です。 2024年度は、「ATC入構登録」や […]

共同利用
2023年度後期 共同開発研究・施設利用の募集開始

先端技術センター(ATC: Advanced Technology Center)では、2023年度後期の 共同開発研究および施設利用を以下の通り募集します。 募集要項および注意事項をお読みの上、ATC共同開発研究・施設 […]

共同利用
2023年度前期 共同開発研究・施設利用の募集開始

先端技術センター(ATC: Advanced Technology Center)では、2023年度前期の 共同開発研究および施設利用を以下の通り募集します。 募集要項および注意事項をお読みの上、ATC共同開発研究・施設 […]