国立天文台先端技術センターのホームページに移動します。

New dewar

 国立天文台の先端技術センターとハワイ観測所、浜松ホトニクス株式会社 、 京都大学、大阪大学は共同で高感度なセンサー(CCD)の開発に成功し、すばる望遠鏡に取り付けました。試験 観測からは、波長10000オングストローム(1オングストロームは10-10メートル)において、 従来の2倍の感度が達成されていることがわかりました。2倍の感度向上は観測者にとって非常に大きな メリットです。波長10000オングストローム付近での感度が向上したことにより、ダークエネルギーの研究 など、宇宙で最初に出来た天体の発見といった遠方宇宙の研究、観測天文学の最先端分野に、多大な貢献 をすることが期待されます。新CCDは性能達成が確認されたため、2008年8月の試験観測直後から一般共同 利用観測で利用されています。

 この新開発CCDは、可視光(3600オングストロームから8300オングストローム) から10000オングストローム程度の近赤外線波長域だけでなく、10keV程度以上の高エネルギーX線にも高い感度を 持っており、日本で計画中の次期X線天文衛星への搭載が決まっています。さらに、天文学の研究だけでなく、 医療用装置の検出器にも応用の可能性が期待されます。診断に用いられるCT(コンピュータ断層撮影)では、 用いるCCDの感度が高ければ、放射線の照射量を少なくでき、診療時の人体への影響をそれだけ小さくできる と考えられるからです。このように新しく開発されたCCDは、天文分野の研究に限らず、様々な領域・分野での応用が期待されます。

プロジェクトの紹介ページ詳細資料ダウンロード(pdf)

お問い合わせ          Copyright c 2008 Advanced Technology Center, NAOJ. All rights reserved.