ATCニュース一覧に戻る

世界最高性能のサブミリ波(テラヘルツ)受信機の実現
―ALMAにおける最高周波数受信機バンド10の開発に成功―

鵜澤佳徳 (国立天文台 先端技術センター・ALMA バンド10 チームリーダ) が率いる研究チームは、周波数帯787GHzから950 GHzの受信機として、世界最高性能の低雑音受信機を開発することに成功しました。同研究チームは、情報通信研究機構未来ICTセンターの協力を得て、化合物超伝導材料NbTiN (窒化ニオブ・チタン) の高品質な薄膜を作製し、これを用いて超伝導集積回路を設計・作製しました。その回路を独自に開発した受信機システムに搭載して性能評価を行い、世界最高性能の低雑音受信機の開発に成功したことを証明しました。建設中のALMAに搭載される10種類の受信機の中でも、計画当初から、開発が最も難しいとされていた最高周波数帯であるバンド10は、科学的見地から要求される感度が非常に厳しい仕様でしたが、本研究チームは技術力でその要求に応え、低雑音受信機の開発に成功しました。

band10この周波数帯には、様々な試薬類や分子ガスに特徴的なスペクトルが見つかっており、これらの試薬やガスの検出に対する応用が見込まれています。そのため、本研究成果はALMAに搭載され天文学の発展に大きく貢献するのはもちろんですが、本研究で確立された周波数1,000GHz付近の信号を受信したり伝送したりする技術は、各種検査装置開発の基盤技術としての寄与も期待されます。

本成果は2009年6月16日〜19日に九州福岡で開催される超伝導エレクトロニクス国際会議 (ISEC2009) において発表されます。

2009年6月17日

Copyright c 2006 Advanced Technology Center, NAOJ. All rights reserved.